自分に合ったことをちょこっと 南天と月桂樹のリースとピアノ

年末からプライベートでも問題があって何かと落ち着かないので、お守りの意味を込めて、リースを新しくチェーンジ! 「難を転じる」南天と「空気を清浄にする 勝利の意味もある」月桂樹のリースを作った。

南天は鬼門に植えるといい植物なので、悪いものが入ってこないように、厄除けの意味も込めて門に飾った。

 

手を洗う洗面台には、月桂樹のみのリース。これで強力に空気が清浄されるわけではないけど、心理的な効果はありそうだ。ウィルスを洗い流す、持ち込まないと考えながらの手洗いは、思いのほか神経を遣う。消毒の塩素の匂いも緊張感がある。手を洗うたびにほのかに甘い香りがする、気持ちがほぐれる。


先日、友人に「あなたは絵がかけていいわよね、家にいるときなんか絵が描けたらなあと思うのよ、手作業すると気が休まるから」と言われたが、うーん、とごまかしておいた。

私は制作していると、ときに記憶がよみがえって苦しくなったりすることがあるから、気がめいった時には制作はキツイ。それに、やるぞーと気合を入れないと制作はできない、なぜなら私の制作は、、、なんていう話はややこしくなりそうだったので、黙っていた。

そもそも、めんどくさがりやだから、簡単にちょいちょいっとできることぐらいしかやりたくない。リースはすごく簡単なのに、出来栄えがイイので、いい塩梅だ。

音楽を聴くと癒されるという人もいるが、私は聴くより自分でピアノを弾くほうが気分転換になる。それで今月、えっちらおっちらピアノを弾きはじめた。弾ける曲を好きなように弾く。

ふと思い立って、グノーのアヴェ・マリアを弾いてみた。クリスチャンでもないのに、落ち着く。バッハのプレリュードだからかもしれない。静かで、元に戻る感じがする。

くだんの友人には、じゃあ塗り絵なんかとおずおずと言ったら、「ミシンでぬいものをしてる、マスク作ったんだ」と見せてくれた。なーんだ、それでいいんだよ! ホッとした。私自身塗り絵はすぐ飽きて好きではないので、すすめたいわけではなかった。

こういう時は、「自分」の「今」に合ったことを「ちょっと」やってみるっていうのがいいと思う。違うなと思ったらやめればいいしね。他人の言う、これがいい、あれがいい、というのに振り回されず、ストレスを増やさないように暮らしていくのがいいのではないか。

はらぺこひなむし

庭のそこここに芽を出したドクダミを鉢に集めて育てることにした。『王国』っぽくお茶にしようとか、まあ言ってるだけだけど。

よしよし根付いたな、と見てみると、あおむしが茎に沿ってしがみついている。まさに、はらぺこあおむし。セリを食べたら許さないが、どんどこ伸びるドクダミならよし、どんどん食えばいいさ。あおむしも育てている気分。

家にいる暮らしは、なぜかなにかとおなかがすいて、朝、昼、おやつ、夜、と4食キッチリ食べている。もうおなかすいたのー?と自分でもおかしい。まさに、はらぺこひなむし。

 

☆アナログハイパーリンクな読書
どくだみ→『王国』(よしもとばなな)、『はらぺこあおむし』(エリック・カール)

明るい話も、暗い話も、どちらもしたくなくて、

明るい話も、暗い話も、どちらもしたくなくて、更新してなかったけど、外に出ない暮らしもだんだん慣れてきたので、まとめて最近の報告などを。

3月は、「FACE展2020」が会期途中で閉幕になった。美術館も休館し秋にリニューアルだから、この館は本展で終わり。だからわたしは最終日は最後まで会場にいた。マスク姿の館長が最後の客を見送っていたのが、なんとも物悲しかった。

静岡での「紙わざ展29」展示も3月までだったのが2月末で終了。今後、全国巡回する予定だったが、今後のことはまったくわかっていない。

銅版画は、ビュラン作品の完成したものを納品してきた。額の色が家具の色とマッチしていて、すごくいい感じだった。額装すると、また感じがかわるものだ。

 

 

そんなふうに3月が終わり、4月、絵画教室の休講を決定した。最後の最後までオンラインでの実施を模索していたが、総合的に考えやめた。

自身の制作としては、4月からペンタブに挑戦している。デジタルをやってみたいとかねがね思っていたが、踏ん切りがつかずにいたが、まとまった時間が取れる今かと思う。

 

毎日まいにち状況が変わって、考えも一変する暮らし。コロナ記事を追いすぎてしまい疲弊する。『猿の惑星』だよな、と冗談めかしていたのはもう過去の話で、NYやイタリアの状況を知るにつけ、おそろしくなる。今後のことを考えるとよくない妄想ばかり浮かぶ。

3月は先のことも考えられずにいたが、4月には覚悟が決まった4月も後半になり、消毒のやり方や買い出しの方法も何度かやってみてこうすればいいという安心感が得られるようになり、引きこもり暮らしにも一定のリズムができてきた。今後も状況が変わればそれに合わせていく必要があるから、気は緩められないストレスの中で生きている。

毎日の暮らしを楽しもう、というような前向きな気分にはなれないが、こんな暮らしにも楽しみを自分に与えていくことが大事かと思う。

高齢の母とは当分会わないことにしたので、ウェブミーティングのテストをしてみた。母は、「午前中にお風呂に入って、久しぶりにお化粧しちゃった!」と、SF小説が現実になったようだとはしゃいでいる。万が一、お互いが隔離されたときの備え、ということはあまりわかっていない。でも、それでいいと思う。話に夢中になると、どんどんモニタに近づいてくる。ママ、近寄りすぎ、顔の下半分が見えてないよー。

 

命をいちばんに考えたいという気持ちが強くなった。

今まで、命があぶなくなる場面が幾度かあった。スレスレのところをすりぬけてこられたのは、ただただ、幸運だっただけだ。なぜ、命よりも大事だと思ってしまったのか。あのとき、あの行動は、正しかったのだろうか。今回も大丈夫との保証はない。今回こそ、今までの反省を生かすときではないか。生き延びる、ということばが現実味を帯びている。

 

みなさまも、どうぞ御身お大切に。

お彼岸の風景 春の味

庭の椿が満開、もそろそろピークが落ち着いてきたお彼岸、ぼたもちを食べる。 母が作るぼたもちはとても大きい。買ってくるのはもっとちっちゃいよねえ、なんて毎年言い合ってかぶりつく。

 

秋に、夏の暑さでワイルドストロベリーが枯れてがっかりしていたら、春、隣りに置いておいた水引のプランターのすみっこから、新しい芽を出しているのを発見する。このちっちゃい葉っぱ、苺っぽいなあ、もう少し育ってから確かめよ、やっぱり苺だ、生きていた! 春はこういうサプライズがあるからうれしい。思わぬところに枝を伸ばして、苺らしさをこんなふうに役立ててくれるなんて。

 

 

冬の間、うんともすんとも言わなかったクワの木も芽が出ている。よかった、剪定強すぎたかと心配していた。今年はたくさん茂らせて、実を食べたい。

 

セリをもらって植える。生で食べると春の味がする。

 

椿にこないだメジロが来てた。
ジャングルジムかなんかのように2羽で枝の間を飛び渡っていた。最後の枝まできたら仲良く2羽で飛び去っていった。

メジロは動きが早くて写真に撮れない。ヒヨドリは悠々として、こちらに気づいてもフフンって顔をして椿の花びらをついばんでる。美味しそうだ。

椿はこんなに繁茂してるのに人間は食べられないからなあと恨みがましく見る。サラダになったら助かるけどなあ、なんとか食べられないものか・・・。しつこく調べてみると、葉を煮出すと入浴剤になることがわかる。花を浮かべてもいいらしい。それならすぐできる。今夜やってみる。

今日は絵画教室で美術館ツアーに行く予定だった。休館で延期になったので、急なお休みをのんびり過ごしていたが、結局、植物を食べる話ばかりになった。

ドライポイント作品額装とビュラン作品予約のこと

銅版画は、ドライポイント作品を額装した。自分で気に入った作品ができたので。

これから、サインを入れる予定。

 

先回は、ビュラン。
ビュランらしい線が出るといいなと思い、髪の毛の部分を彫る作品にした。

これは下絵。

知人に試し刷りを見せたら、額装してほしいと予約が入った、しかも2人から!
まだ作品は完成していないし、習いたてだからと言ったが、楽しみにしている、とのこと。かえってプレッシャーがかかったが、うれしいので、どうしても今日のうちに書いておきたかった。励ましという意味合いだと思うが、それでも。

銅板をノミで彫ると、金属なのにスルスルとカンナくずのような金属くずができる。その柔らかさに感動すると、「銅は柔らかくてとてもチャーミングな素材なんですよ、女性のようにね。片や鉄は男性ですね、硬いけど脆い」と先生は銅版画作家らしい発言をなさる。

むずかしいと毛嫌いされやすいけどビュランはいいんですよ、慣れればデッサンのようにできます、という。お手本をみせてもらうと、すいすいと自在に動かしていく。じゃあ私も、とはならずあらぬ方向へ行ってしまう。むずかしい、けど、頑張る。

  

ビュランとはノミのこと。技法は、エングレービングとも道具のビュランとも呼ばれる。銅板の下にプッサンという名の皮のクッションを置き、片手で回しながら彫る。ビュランは、まっすぐしか彫れないから。プッサンはかわいい響き、フランス語。

「明るい上に明るい色を」ゴッホのように模写をしたら

私はこれまでゴッホの中では《星月夜》がもっとも好きな作品だった。あのうねうねする動きのある背景と黄色とブルーのコントラストで、輝くような夜、またたく星たち、交響曲が聞こえてきそうな幻想的な風景。森を抜けて、旅人がこんな風景に出会ったらなら、と思うと興奮する。

そういうわけだから、《ひまわり》の中でも、ブルーを背景にしたノイエ・ピナコテークとフィラデルフィア美術館のほうが、補色の効果で花の黄色が鮮やかに見えてきれいなんじゃないかなあと思っていた。黄色に黄色のひまわりよりも。

だけど、今回、ロンドンの《ひまわり》を模写して思ったのは、この黄色に黄色、明るい色に明るい色というのは、実はとてもいい、ということだ。花のパワーが外にもあふれ出て、空気の色さえ変えてしまう状態を表現している。背景の黄色が画面のさらなる外側にも滲みだして、光を運んでくる絵だと思うようになった。

ゴッホは《ひまわり》をアルルの「黄色い家」に飾ってゴーギャンの到着を待った。黄色い家の部屋の壁の色は明るいブルー。その色に映える作品だったに違いない。

ゴッホは配色の研究のために一連の《ひまわり》を描いたとされている。そう考えると、ブルーも《星月夜》のブルーとは違う明るいブルーだ。背景の黄色とブルー、きっとどっちもいいなあと思っていたのではないか、模写をしながらそんな気持ちになった。ゴッホのように《ひまわり》の模写をしよう、というタイトルで実施したWSだったが、文字通りそうなった。

 

あと1回で完成しそうだ。最後の最後、サインはvincentじゃなくてhinakoにしようかと思っている。

みんなもそれぞれに描いていて、そう見えてるんだなあと思う。どこに注目しているかがよくわかる。

「終わってほしくないひまわり」と背景の色

とうとう、本格的に延期になってしまった「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」。しょぼん。こんなときは《ひまわり》の模写をして、再開を待つしかない。

6割方進み、終わりが見えてきて、私としては少しつまらない、終わってほしくないなあという気分。

この間までは静かな絵だったが、華道で言うところの投げ入れで、ピンピンと四方八方に花が向いて急に絵に勢いが出てきた。あっちを向いたりこっちを向いたり、花びらが残っていたり、まだつぼみだったり、茎がうねってみたり。なるほどねえ!

黒い壁だとカッコイイからとピアノの上に置いてみる。いい感じだ。

 

『ゴッホのひまわり全店謎解きの旅』(朽木ゆりこ)を読む。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーの《ひまわり》の部屋はラベンダー色、ノイエ・ピナコテークはライラック色。

背景が薄紫だとどんなふうに見えるんだろうと想像する。黄色がきっと映えるんだろう。

☆アナログハイパーリンクな読書

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 所蔵《ひまわり》、西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」→『ゴッホのひまわり全店謎解きの旅』(朽木ゆりこ)

 

そして、すごーく楽しみにしていた白髪一雄展は終了に! あーあ。

銅版画 メゾチント

銅版画クラスでは、メゾチントの演習。2回目は刷り。

エッチングよりも印刷が難しいと言われた通り、とても難しかった。メゾチントの特徴である黒を出すことと、描画した線を明瞭に出すことは矛盾した関係にあるから。インクを拭きすぎると線が出るが黒色は薄くなり、黒色を出そうとすると線が鈍くなる。ドライポイントでは刷りがうまくなったと思ったが、メゾチントはまた別の技術を要するようだ。

版を熱くしてインクをしっかりと詰め、版を冷やして余分なインクを拭きとり、綿棒で線の部分を拭きとる。紙を十分に水に浸して柔らかくする。うまく印刷するコツを教わるも、そもそも、目立てをする段階でしっかり目立てすることが大事だと思う。工程が進むと修正できない点も製造業や化学実験に似ている。

それにしても、コロナ流行で図書館が休館したのが痛い。当初は入館が制限されるも貸し出し書籍の受け取りはできたのに、3月からは受け取りもできなくなった。長谷川潔の画集は重いから借りずに館内で見ようと借りていなかったのが、このタイミングで見られなくなった。やれやれ。なぜ人が集中するとも思えない受け取りまで停止するのか。ちなみに先日行った役所は通常営業だった。

それはそれとして、自分が実際に刷ってみて、長谷川潔の上手さが一層認識されたのだった。黒いところも真っ黒で、グレーの部分も美しく・・・。

が、私としては、自作はまあまあの出来で、いや、もっといえば、初めての作品としてはわりといいと思えた。メゾチントでは白い面を出すといいのだなと思い、久しぶりにこんな抽象画を描いたのもよかった。

 

インクを詰めたところ

 

次回は、ビュラン。モーリッツの画集を見せてもらった。モチーフはショーン・タンやメビウスを思わせたが、ビュランで彫られていると知るとまた違った目で観ることができる。一方自分はどんな下絵にするか。

 

☆アナログハイパーリンクな読書

銅版画クラス→『Mohlitz – Gravures et Dessins 1963-1982』https://www.amazon.com/Mohlitz-Gravures-Dessins-1963-1982/dp/2903792046

 

過程が楽しい 「かなりゴッホ」「すでにゴッホ」最後はどうなる、これからどうなる?

制作していて、途中がいちばん楽しい。プロセス、過程。こうなるんだろうなあ、こうもなるなあ、と複数可能性があることを想像するとワクワクする。

ゴッホの《ひまわり》の模写を始めた。絵画教室で美術館ツアーに行くのに合わせて実施するWSだけど、わたしも一緒にやっている。

初日、背景の黄色とテーブルの黄土色を塗った。びっくり。ゴッホの絵でしょ、ってもうわかる。「かなりゴッホ」になっていた!

二日目、花瓶と ひまわりを5つ描いた。青い線を描く。あ、これでもうできあがりでいいんじゃない?ってぐらいのでき。花瓶がドシっとしててアルルの田舎の素朴な感じが出ている。バランス最高。遠くから見たら、こういう作品あったんじゃないかってぐらい「すでにゴッホ」

私は、このぐらいがいちばんイイ。

夏に東京の《ひまわり》を観て、春にロンドンの《ひまわり》を観ようと、新聞とか展覧会のフライヤーを並べて楽しみにしていたのに、今のところ美術館は臨時休館中。行けるといいのだけど!

《ひまわり》尽くしの卓上

 

楽しみといえば、FACE展が落ち着いたら、静岡のPamにも観に行こうと思っていたし、オペラシティギャラリーに白髪一雄を観にいくつもりだったのに、ぜーんぶ休館。がっかりしたけど、まだ可能性に賭けている。

紙わざ展29 臨時休館のため 2/28をもって終了のおしらせ

下記の展示に出展していましたが、臨時休館のため会期が2/28にて早期終了となりました。

本展は、この後も全国を巡回する予定ですので、次の展示が決まり次第おしらせします。

https://www.tt-paper.co.jp/pam/event/news/730/

紙わざ大賞入賞作品展29 at Pam
会期:2020年1月7日~3月31日
   10:00~17:00
   土日祝休み 3月は土曜日も開館
場所:特殊東海製紙Pam
入場無料、見学要予約