日別アーカイブ: 2018/05/04

2018/05/04

読書の楽しみ

須賀さんが多和田さんの作品について話しているので『須賀敦子全集 別巻 』所収『犬婿入り』須賀敦子と三浦雅士との対談も読む。

パッとページを開いたら池澤夏樹との対談のページだった。

高畑勲さんが亡くなりそういえばまだ観てなかったと『レッドタートル ある島の物語』を観た。池澤夏樹が解説を書いている。

まあこういうことがあると、わたしは嬉しいと感じるということなんだ。

☆アナログハイパーリンクな読書

多和田葉子→須賀敦子→池澤夏樹←高畑勲

2018/05/04 2018/05/04

おなかがぐう~

なにがきっかけだったかよく覚えていない、図書館で見て3冊そろっていたからゴト借りられると思ったのか、でも以前は全く興味がなかったのに、ふとそう思ったきっかけがわからないけど、『あらしのよるに』のDVDを持ち帰った。

ベストセラーの上に朗読が俳優と聞いて話題性かといい印象を持っていなかったのだけど、表紙を見たらあれ、あべ弘士の絵じゃないかと急に見かたを変える。好きな作家。

やんす、という語尾になかなか慣れずに、でもこの二人どうなるんだろうと思いながら聞いているうちにだんだんこれもいいじゃないかという気になってきた。

自分のおなかがぐう~となると、そのシーンを思い出す。うまいエサがあればなぁあ。

☆アナログハイパーリンクな読書 『あらしのよるに』テレビ絵本(木村祐一作 あべ弘士絵)→あべ弘士

 

2018/05/04

ペロリペロリ

『早稲田現代文芸研究08 』掲載の多和田葉子『犬婿入り』についての評論の中で、ペロリペロリという音がやけにやらしいものとして頭に残り、『犬婿入り』を読んだ。文庫の表紙は、望月通陽。小説を知ってから改めて見ると、犬のような狐のような鹿のような生き物が女性のおしりを舐めている。

ペロリペロリ。

何度か使った鼻紙でお手洗いでおしりを拭くと気持ちいいわよ、というみつこの言葉に、子どもを塾に通わせる母親が鼻紙なんておかしい、ティッシュと言いなさいというほかない、へんだけどへんだと言えない、なにがへんかわからない、そういう感じがずっと続く。

冒頭の一文にやられる。こういう長い文章、主語がどんどんいれかわっていく文章は、ずっと書きたかった文体。谷崎のような。

そして望月通陽に表紙を頼む、うらやましさ。さて。

☆アナログハイパーリンクな読書 『早稲田現代文芸研究08』→多和田葉子『犬婿入り』→谷崎潤一郎、望月通陽