カテゴリー別アーカイブ: アナログハイパーリンクな読書

2018/05/21

溢れる

私は汗っかきで、夏には大汗をかいて水を飲むそばからその同じ量だけ汗が出る。次の汗がパイプの中で待機していて、ピンポンが押し出されて出てくるように。

いい本を読むと 私の中に言葉が溢れてくる。でもそれをノートに書こうとすると、流れが止まってしまって書けないのがもどかしい。生まれた言葉を書き止めておきたいのに。

2018/05/20

友人の書家が書道教室を始めるので、プロモーション用写真の生徒役のモデルを務めました。

中国製だという半紙に書く。筆の感じも墨の匂いも久しぶり。

自分の名前の他に、石川九楊『一日一書』から、元日の「旦」を選んだ。

絵画教室で、墨を使った絵もやってみたいものだ。

会場は下地ボードのままの壁とコンクリートの床が以前のアトリエにそっくりで、いろいろこれからだという友人の様子も合わせ、自分がアトリエを始めた頃を思い出した。あのアトリエがもうないのだと思うとかすかに胸が痛んだ。

☆アナログハイパーリンクな読書

石川九楊『選りぬき一日一書』、『一日一書02』『一日一書03』

毎日一字、画像と解説を連載したエッセイ。

2018/05/20

染み渡る栄養のようなもの

それでもちゃんと思うことはある。

子どものための文はとてもいい文だなということ。

福音館の松居直さんの言葉。

あっという間に描かれたように見えますが、バートンさんは、ちゃんと考えてくださいました。

『せいめいのれきし』が岩波書店で出版された頃、福音館書店が刊行した翻訳絵本は、まだ数点でした。『せいめいのれきし』を手にとった時、なんとかしてこのような仕事をやりたいと思ったのです。

一つ一つ選ばれて丁寧に置かれているすべすべした石のよう。

ちひろ美術館でも思った。

『おやゆびひめ』を読みながら、最初は批判的な目、一方的でない見かたで読んでいたのだけど、だんだん文章の美しさに沈んでいき、もぐらと結婚するからおひさまにさよならを言うシーンでは泣きそうになった。

じわわわー とした湿潤なものを体の内に感じる。

ちひろ美術館東京にて

☆アナログハイパーリンクな読書

バートン→松居直

いわさきちひろ→立原えりか

2018/05/16

絵本から遠く離れて

偶然バージニア・リー・バートンの展覧会を見かけて次の約束も放して入った。

でも、さほど興奮もしていない自分にがっかりもした。夢中になって読んでいた絵本の原画だというのに。私は昔たしかにここにいた。なのに、ずいぶん離れてしまった。

それでも版画っていいよなあと思う心はあった。やりたいけど、時間がかかるからなあ、私はパパッとできるほうがいいから。でもずっと憧れはある。カードはみんな素敵。

ダイナソーの絵はいいな。こんな絵いいなと思う。のびのびしてていいな。絵を描いて、こんなふうなことを思うようになったと思う。

☆アナログハイパーリンクな読書 バージニア・リー・バートン『ちいさいおうち』 『せいめいのれきし』→原画が良かったので読んでみたくなった本『じょせつしゃケイティ』

2018/05/04

読書の楽しみ

須賀さんが多和田さんの作品について話しているので『須賀敦子全集 別巻 』所収『犬婿入り』須賀敦子と三浦雅士との対談も読む。

パッとページを開いたら池澤夏樹との対談のページだった。

高畑勲さんが亡くなりそういえばまだ観てなかったと『レッドタートル ある島の物語』を観た。池澤夏樹が解説を書いている。

まあこういうことがあると、わたしは嬉しいと感じるということなんだ。

☆アナログハイパーリンクな読書

多和田葉子→須賀敦子→池澤夏樹←高畑勲

2018/05/04

おなかがぐう~

なにがきっかけだったかよく覚えていない、図書館で見て3冊そろっていたからゴト借りられると思ったのか、でも以前は全く興味がなかったのに、ふとそう思ったきっかけがわからないけど、『あらしのよるに』のDVDを持ち帰った。

ベストセラーの上に朗読が俳優と聞いて話題性かといい印象を持っていなかったのだけど、表紙を見たらあれ、あべ弘士の絵じゃないかと急に見かたを変える。好きな作家。

やんす、という語尾になかなか慣れずに、でもこの二人どうなるんだろうと思いながら聞いているうちにだんだんこれもいいじゃないかという気になってきた。

自分のおなかがぐう~となると、そのシーンを思い出す。うまいエサがあればなぁあ。

☆アナログハイパーリンクな読書 『あらしのよるに』テレビ絵本(木村祐一作 あべ弘士絵)→あべ弘士

 

2018/05/04

ペロリペロリ

『早稲田現代文芸研究08 』掲載の多和田葉子『犬婿入り』についての評論の中で、ペロリペロリという音がやけにやらしいものとして頭に残り、『犬婿入り』を読んだ。文庫の表紙は、望月通陽。小説を知ってから改めて見ると、犬のような狐のような鹿のような生き物が女性のおしりを舐めている。

ペロリペロリ。

何度か使った鼻紙でお手洗いでおしりを拭くと気持ちいいわよ、というみつこの言葉に、子どもを塾に通わせる母親が鼻紙なんておかしい、ティッシュと言いなさいというほかない、へんだけどへんだと言えない、なにがへんかわからない、そういう感じがずっと続く。

冒頭の一文にやられる。こういう長い文章、主語がどんどんいれかわっていく文章は、ずっと書きたかった文体。谷崎のような。

そして望月通陽に表紙を頼む、うらやましさ。さて。

☆アナログハイパーリンクな読書 『早稲田現代文芸研究08』→多和田葉子『犬婿入り』→谷崎潤一郎、望月通陽

2018/04/17

ジャングルで一番強いトラじゃわい

もうだめだーー!と泣き言を言ったら妹に励まされた、「傷つかないから、大丈夫だよ。だって、比奈ちゃんは「ジャングル中で一番強いトラじゃわい」でしょ(^_^)」

そうだった!!!

妹はいつもユーモアがある。

これは「日本で一番あまーい」虎屋の虎。

寅年生まれの私がトラで妹はリュウ、タイガーアンドドラゴン。

☆アナログハイパーリンクな読書「ちびくろサンボ」

2018/04/11

私がおもしろいと思うこと

葉山の美術館に行った日、とても風が強かった。波も高くて、一緒に行った友人がマックスを10とすると今日は8、と言ってたから、相当だと思う。

10だとねえ、北斎の神奈川沖浪裏ぐらいになるよ、と彼女は言う。

えーーー!そんなに?波がひっくり返っちゃうぐらい? ワハ!

私はこういう表現がおもしろいと思う。

美術館は海沿いに立っていて、富士山が正面に見えて、白波が立っていたから、写真撮っておけばよかったと思ったけど、私はあまり写真を撮る習慣がないので、写真が見せられないのが残念。ちゃんと撮る人は、いつの間にか撮ってるもんな!リアル富嶽三十六景だったのに。

この間もおもしろい!と思ったことを相手に言ったら、そんなに面白い?普通のこと言っただけとキョトンと言われた。面白いのになあ。

イサムノグチの《こけし》とそれにそっくりな風船みたいに飛ばされそうな私

2018/04/09

源氏物語講義と着物

ここ1年、源氏物語の講義に出席している。

今日は花見とお茶会も兼ね鎌倉で講義。花の刺繍の半襟をつけると、桜は散ってもめでたい気分に。

先生と若宮大路にて。

鎌倉塾が楽しみで、先生には晴れたら着物で行きますと浮かれた予告をしてしまい、長襦袢を出して見たら襟に汗染み発見、慌てて半襟をアマゾンで買って、youtube見ながらチクチク縫った夜なべのことは内緒だ。着物ぐらいさらりと着られますと澄ました顔をしたい。

前夜に一回練習しとこうと思ったが思うようにお太鼓が結べず半べそをかいていたら、家人に「でも昔できてたじゃない?!」と言われる。そうだけど! ベソかき練習の甲斐あって当日はストレートでキマった。

こうやってなんでもできるようになれるんだと小さな自信を重ねる。

実際着物はいいよ、晴れがましい気持ちになる。町で見知らぬ人に「あら お着物いいですね」と声をかけられ、「ええお花見に」なんて振り向きざまに婉然と微笑む、瞬間細雪の登場人物になる。

講義の後、煎茶会も。漱石の「草枕」に登場する茶道で、おちょこサイズのお茶碗に数滴、だしのようなお醤油みたいな味で驚いた。

先生への寄せ書きの台紙にドローイングを描くのを依頼された。とても嬉しい。