2019/09/08

芸術鑑賞WS『スイミー』と同じ技法で絵を描こう1/2

損保ジャパン日本興亜美術館「レオ・レオーニ展」ツアーに合わせて、芸術鑑賞WS「『スイミー』と同じ技法で絵を描こう」を実施しました。

最初に絵本の読み聞かせ。

「この絵、どうやって描いたと思う?」よく見てみよう。身近なものでできているよ。

あかいさかなをスチレンを彫って作ろう。スーパーでお魚やお肉が入っているのはスチレンのお皿だよ。鉛筆でギューギュー押すと、へこむよ。

こんぶとわかめはレースペーパーで作ろう。お菓子を並べたりするのに使うよね

じゃあ、レオ・レオニと同じ技法でスイミーのいる海の中を絵を描いてみよう。

かわいいのができた!

目がある子たち

ひれがある子たち

いろんな方向に泳ぐ子たち

みんなで同じほうへ泳いでいく子たち


じゃあ、次は、おうちにあるもので、何か使えそうなものはないかな?

わたしが探したのはこれ。
クリップ、洗濯ばさみ、ペットボトルのふた、ゴーヤの輪切り!
クリップと洗濯ばさみは海の植物、ペットボトルのフタは水の泡、ゴーヤは海の中の岩になったよ。

みんなはどんなもので、どんな絵を描くのかな?
「WS『スイミー』と同じ技法で絵を描こう2/2」(9月下旬公開予定)に続きます。