2019/07/12

シークエンスの記憶をとっておくこと

10:53 翻訳をしていて、意味のわからない一文に出くわす。(略)
10:59 部屋の中を歩き回り、頭を壁にぶつける。わからない。
11:05 唐突に空腹を覚える。時計を見て、正午までまだだいぶ間があることを知り、軽い失望を覚える。
11:06 昼ごはんは何にしようかと考え始め昨日のカレーの残りにしようと思いつき、カレーの味や香りや具の触感が頭の中で次々よみがえり楽しい気分になる。
11:09 しかし仕事の区切りがつくまでカレーはお預けだと思い直し、再び目の前の英文に意識を集中させる。(略)
(『ねにもつタイプ』岸本佐知子「毎日がエブリデイ」)

これはとても面白いと感じる。とっておきたいと思う。絵ならコピーして目の前に貼っておけばいいけど、この面白さは、いわばシークエンス、時間の流れだから、コピーすればいいってものじゃない。このあとあと2ページ続く。とっておくにはどうしたらいいんだろう。
記憶をとっておくこと、その瞬間をとっておくこと。そんなことはできないかもな。
音楽をとっておきたいのと似ているのかな。
おいしい味をとっておくのと似ているのかな。ずっと食べていたいけど、残しておいても味わえないし、じゃあずっと噛んでればいいってわけじゃない。
とりあえず書き写した。

11:45 ふと思いついて、先ほどからわからない文章を丸ごと検索にかけ、それが歯磨きの有名な宣伝文句であることを知る。急に絵の前の霧が晴れたような爽やかな気分になり、『ハリスの旋風(かぜ)』のテーマ曲を歌い踊りながらカレーの鍋を火にかける。
11:51 食パンがカビていることを発見する。
(『ねにもつタイプ』岸本佐知子「毎日がエブリデイ」)

☆アナログハイパーリンクな読書
『鳥の王さま』ショーン・タン作 岸本佐知子訳→『ねにもつタイプ』岸本佐知子