2019/07/03

江戸の話

和紙専門店でいろいろ質問する。店員さんはとても詳しく、思わずあれもこれも聞いてしまう。彼女は和紙を心から愛しているようでいろいろな話を聞かせてくれた。

江戸時代、火事になると、商家ではまず大福帳を井戸に放り込んだんですよ。それで火事が収まった後引き上げて乾かすと元通りになる。それぐらい和紙は水に強いし、墨も消えません。

『百日紅』で、お栄が走って火事見物に行くシーンがある。「こたえられねぇ」と息をつめて見つめるお栄。その裏で、そんなことが行われていたんじゃないだろうかと思った。

映画『百日紅』は、原作と同じようによかった。普通、映画化すると、原作より悪かったりよかったり、原作とは別物になったりしているけど、これは、原作通り。杉浦さんの絵の迫力の代わりに、色がついて動いて、でもそれは私たちが頭で思う通りの映像で、「落語に出てくる松の木におじやぶつけたみたいな不細工な顔の女って各人の頭の中にそれぞれうかぶものだから(伊集院光)」そんなことって本当はないのに、こういう映画ってあるんだなと思う。監督がきっと杉浦さんの原作を本当に好きだったんだろうなと思った、私と同じように。

☆アナログハイパーリンクな読書

杉浦日向子『百日紅』→原恵一監督『百日紅』