2019/06/28

サム・フランシス

先日知り合ったギャラリストから展覧会のDMが送られてきた。どこにあるどういうギャラリーなんだろう? webサイトを調べてみる。過去の、それこそ開業当初に、サム・フランシスの作品を扱ったようだ。小さなモノクロの画像にわたしは惹きつけられた。

観たいなあ、どこかで展示ないかな、数年前に大きな個展があったのか、残念。

諦めかけていたが、さらに調べると六本木のリッツカールトンのラウンジに大きな作品が常設されているという。なんと!

そして、コーネル目当てで行った川村美術館でも偶然、展示中だった。

今自分の取り組んでいる新作に通じると思う。そういうことじゃなく、ただ観に行ったのだけど、ちょうどいい時に観られたと思った。

自分の作品はモノクロだけど、シャガールとかマチスとか、色彩が鮮やかな作品に惹かれる。

サム・フランシス《無題》 リッツカールトン東京

H:4270 mmとのこと。現場で見るともっと大きく見えた。高い位置に架けてあるせいか、イメージが大きいせいか。

 

リッツカールトンのアフタヌーンティは目にもきれいだし、おいしいし、ゆっくりできたしで、3人でずっとおしゃべりしてた。山口に行くお友だちのお別れ会も兼ねて。