2019/04/05

懐かしい過去との再会

3月は不思議な月だった。

7年前、フランスにワークショップ研修に一緒に行った仲間から、会わない?と急に連絡があった。

そのちょっと前に、その研修に行く直前、パリに行くからと読んでいた2冊の本のうちの1冊『パリを歩く』の著者に会ったばかりだった。

あれからもう7年もたってるんだなあと思っていたところへ届いた友人からの連絡に、ぜひ会おうと二つ返事。

どこ行く? と聞かれて、期間限定のサウナイベントどう?と言ってみた。ロウリュという、焼いた石に水をかけて熱波をタオルで人が送ってくれる方式のサウナに誘った。

友だちは内心ぎょっとしたようだ。私としては、別に気持ちがいいものだからいいんじゃないかと思ったんだけど、考えてみれば唐突だったな、サウナってそんな一般的でもなかったか。

このところ体調を崩して外に出かけられずにいて、このままサウナイベント終わっちゃうな―とがっかりしていたのが、やっと身体も治ってきたので、ダメ押しでサウナで「ととのって」みたいと思っていたのだった。渡りに船、ではなく、船を自分が引き寄せた恰好だ。

え、サウナ?なんで?と思ったという彼女だけど、蒸されながらいろいろ話していくうちに、ドイツとスウェーデンでサウナに入ったことがあるという。なーんだ、よかった。私が「フィンランドに建築ツアーに行ったときにさ、湖畔に建つサウナ小屋に一晩だけ行ったんだ、氷の張った湖に穴が開いていて、そこで体を冷やしたんだよ」と話すと、彼女は彼女で「ドイツではねサウナは男女混浴なんだよ、最初びっくりした」と海外の本格サウナ話で盛り上がった。

仲間の近況を聞くうちに、フランス研修のときの記憶がよみがえって、過去から手紙をもらったような気がした。思えばさほど知らない仲だったが、研修中2週間も寝食を共にし、彼女とは帰国後も報告書を一緒に苦労して編集したので、なにか同級生のような気やすさがあった。だからサウナにも誘えたのだったっけ。

☆アナログハイパーリンクな読書

『パリを歩く』(港 千尋)→フランス研修

『はじめてのサウナ』(タナカカツキ)→『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~(1) 』(タナカカツキ) 「ととのう」感覚が書かれている。「ととのったー」というサウナトランス状態になるには、水風呂が必須とのこと。

私は凧かなと思っていたこれは、ドリームキャッチャーという悪夢を取り払ってくれるものだと友だちが教えてくれた。ぜひともお願いしたい。