2018/10/31

日々を慰めてくれる小さなものたち

アトリエもいよいよ冬支度。ラベンダーの強剪定をした翌日、そこを住処としていたうちのカマキリが、あれぇという顔でうろうろしていた。私のことを見上げる。コレ、どうしちゃったのぉ?

ちょっと怒ってるようにも見える。私に抗議する。なんだよ、なんだよ、あんなにすてきなラベンダーの林だったのにさ!

あーあ、と残念がってる顔も可愛いなと思う。

かなり入念に枝をチェックしていて、何か探しているようだ。もしかしてメスで卵を産み付けていたのかもと焦って剪定枝を一つ一つ見たが、それらしいものはなかった。

そもそも虫に記憶はあるのだろうか。ここに卵を産んだ、とかいった・・・。

カマキリは目に特徴があるせいか、感情を持っているように見える。夜になってふと見ると、黒目に変わって私を見上げていた。偽瞳孔が開いてるだけの現象だけど、その恨みがましい目でじっと見つめられると、呪ってやるぞと脅されそうな迫力があった。

剪定枝でリースを作った。素朴な、でもいい香りのするリースができた。道具も材料も今あるものでちゃちゃっと作って植え替えた桑の木に掛けてみた。木が大きいから、空間ができあがっていて、雰囲気がいい。農園っぽい感じ。

日比谷公園ガーデニングショーの展示でも、ライフスタイルガーデン部門といって、3畳ほどのスペースに、この空間の中での暮らしが想像されるストーリー性の高い作品に惹き込まれた。この庭というより、この世界で生きる人々の存在が感じられて、自分もここに住みたい!と思った作品がいくつもあった。児童文学の世界というかなんというか。

GWに名古屋のノリタケの森に行って以来、やっぱり陶器が好きなんだなぁと最近実感している。大倉陶園の店頭でコーヒーセットが展示されていた。青い色が透明感のある白地にジワリと滲んでいる。大倉陶園のこの青い色は「瑠璃色」というのだそうだ。

フェアだからと、デミタスカップでエスプレッソを頂いた。写真だとわかりづらいけど、本当に小さいカップで、指で持ち手をつまんで、チュチュチューっと飲むと、まるでおままごとしているみたいだった。これもいい、あれもいいと、美しいもので目を喜ばせることができた。

大丈夫、まだ自分は喜んだり感動したりする心を失っていない。