「ぼくの手」原稿

火山のふもとの小さい家。 少年が庭先で絵を描いていると、突然目の前の山が揺れ始める。 「噴火だ!」 少年は絵の具をバッグに放り込み、家の中に駆け込む。 出てきたときには背中に母親を乗せている。走り出す。 母親は負ぶわれな … 続きを読む 「ぼくの手」原稿