2017/11/20

早稲田大学でのWS作品の今後

DVDを後日頂けるそうです。楽しみに待とう。せっかく高瀬アキさんとセッションしたのに、緊張してほとんど覚えていない。どんなふうなピアノの即興曲だったのか、自作がどう変わったのか。

それで原稿は、松永研究室主催の学術研究だったため、早稲田大学文化構想学部の紀要に掲載されます。自作が印刷されて本に載るなんて本当に嬉しい。他の方の作品を文字で読むのも楽しみ。みんなプロやセミプロで、すごい作品ばっかりだった。

先の楽しみが二つ。もう少し生きよう。

追伸

早稲田大学のサイトに掲載されています。

「多和田葉子・高瀬アキ パフォーマンス&ワークショップ 盛況のうちに終了」

https://www.waseda.jp/culture/news/2017/11/17/4011/

左から松永先生、私、4人おいて、多和田葉子さん、高瀬アキさん。

この写真はもう一生の宝物。

サイトより