2017/06/13

松之山の偶然

新潟グループ展在廊の前夜宿泊した夢の家は正確に言うと、松之山にある。数年前、十日町市と合併したが以前は松之山だった。今でもゆるキャラがいる。

それで落語に「松山鏡」という噺があると聞く。鏡が大層貴重品だった時代、褒美にもらった鏡に亡父が映ると思い込む男の話だ。

ここ新潟県松之山という説と愛媛県松山という説があるが、ともかく自分が鏡の作品を展示したことと奇遇であり嬉しく思った。

鏡に映る姿を自分と思わないで他人と思う、これこそ鏡の不思議であり、私が追求したいことである。

ついでに『孤独のグルメ』を最近見始め、東京の話ばかりかと思ったら、五郎さん新潟に出張だ、それも十日町。見たような景色だと思って見てると、なんと夢の家の隣りの作品がロケ地に。

松之山の偶然が重なって展示を応援されている気がする。



法務局だった建物がギャラリーになった「ギャラリーみつけ」