2016/10/14

個展在廊日記「実況 現場からの作品解説」9月30日

9/28~9/30の3日間に在廊した際、現場の雰囲気をなるべく伝えられるように、FACEBOOKで作品解説をした。それを再掲する。

  • 9月30日 7:48 ·
    さっぽろ天神山アートスタジオに滞在しながら在廊してます。札幌はもう秋。部屋からは紅葉の白樺が見えます。
    いよいよ個展は最終日。8/1-9/30の2ヶ月間の会期も最後になりました。

img_1127 img_1141

  • 9月30日 8:46 ·
    朝から話をはじめよう。すべてよき物語は朝の薄明の中から出現するものだから。(池澤夏樹)
    池澤夏樹に励まされるスタジオの朝札幌の朝

img_1158

  • 9月30日 11:00 ·
    いよいよ個展最終日 在廊中に作品解説していきます
    六花亭福住店
    町中のお店ですが、周囲に北海道らしいレンガの納屋(?)も見えます。ロマンチックな雰囲気の外観。あと1ヶ月もするとツタが真っ赤になるそうです。

img_1160 img_1162 img_1164 img_1167

 

  • 9月30日 11:20 ·
    在廊中に作品解説してます
    昨夜は写真撮影をしました。
    鑑賞者が映り込む作品ばかりなので、撮影に苦慮していましたが、最終最後にとてもよいカメラマンに依頼することができました。これでちゃんと作品を伝えることができると安堵しました。
    札幌でなんとかやってます。

 

  • 9月30日 11:38 ·
    在廊中に作品解説してます
    この個展は、小さな本がきっかけでした。
    《線のおはなし》
    銀色の一本の線がずっとつながる本のかたちの作品です。
    テキストがなく、読む人が線をたどり、線とともに走り、想像する本です。

img_1145

  • 9月30日 11:55 ·
    在廊中に作品解説してます
    札幌に向かう飛行機の窓から翼と雲と空を見ました。すべて等しく目に映る図像なのに、硬い柔らかい近い遠いがよくわかる。目は不思議な機能を持っています。
    私の作品も等しく線ですが、スピードやリズムひいては線の性格、こいつはこういうやつじゃないかということさえ感じられるのは、視ることの不思議さを思わずにはいられません。奥行きも表現したいと思った作品です。

img_1058img_1179

  • 9月30日 13:26 ·
    在廊中に作品解説してます
    ふぅつかれた
    アールグレイのチーズケーキ食べよう おいしい在廊
    六花亭オリジナルのお皿の絵はかぼちゃ

img_1180

 

  • 9月30日 13:53 ·
    在廊中に作品解説してます
    やはり私がいないときのこと、
    「これはスターウオーズですか?」という質問が、、、
    水中地上空中を越えてスペイシーな感じを与えるのでしょうか。
    「ベートーベンだ!」という男の子も。
    知らない方からのコメントもいただいてます。
    あっもちろん知り合いの方からも!

img_1185img_1183img_1187img_1182

 

  • 9月30日 16:55 ·
    在廊中に作品解説しています
    お店の方からも担当の方からもお客様の反響が大きくてとうかがう。次はないの?とも。
    自分の意図はちゃんと伝えたのか、やるべきことをやったのか、やるべきでないことは排除したのか常に考えていたが、やはりそう聞くとうれしい。泣き伏したくなるよう。
    孤軍奮闘と思っていたが、そうではなかったようです。
    応援くださった皆様にお礼申し上げます。
    無事お開きを迎えました。

img_1172.jpg